【NetOffice】【VSTO】方法:VSTOのExcelアプリケーションオブジェクトをNetOfficeのExcelアプリケーションに変換する。

  • 2012.12.04 Tuesday
  • 20:38
JUGEMテーマ:コンピュータ

-------------------------------------------
Summary
NetOffice.ExcelApi.Appcalitionコンストラクタの第二引数にExcelアプリケーションのComオブジェクトを指定すると、VSTOなどから起動したExcelアプリケーションをNetOffice経由で操作することができるようになります。

-------------------------------------------

Source and Project

NetOfficeには、ExcelアプリケーションのSystem.__ComObejectを受け取り、NetOffice.ExcelApi.Appcalitionに包含する仕組みが用意されています。この仕組みを使うとVSTO内で扱っているMicrosoft.Office.Interop.Excel.ApplicationをNetOfficeのNetOffice.ExcelApi.Appcalitionへ変換することができます。

using System;
using System.Linq;
using NetOfficeExcel = NetOffice.ExcelApi;
using Interop = Microsoft.Office.Interop.Excel;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121204_002
{
    class Program
    {
        static void Main()
        {
            Interop.Application interopApplication = new Interop.Application { Visible = true };
            interopApplication.Workbooks.Add();
            var application = new NetOfficeExcel.Application(null, interopApplication);
            application
                .Workbooks
                .First()
                .Worksheets
                .OfType<NetOfficeExcel.Worksheet>()
                .ToList()
                .ForEach(sheet => Console.WriteLine(sheet.Name));
            Console.ReadLine();
        }
    }
}

■ComオブジェクトをNetOffice.ExcelApi.Appcalitionクラスでラップする。
var application = new NetOfficeExcel.Application(null, interopApplication);

第一引数がComObjectになっていますが、これはNetOfficeの中で定義されている型です。NetOfficeのComObjectにラップされていないComオブジェクトは第2引数で指定しなければなりません。

今回のサンプルコードはConsoleアプリケーションで作成してますが、VSTOで作成したCOMアドインやWorksheetなどでも同様の方法で変換できます。

Source and Project

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】方法:起動中の複数のExcelアプリケーションを取得する。

  • 2012.12.04 Tuesday
  • 20:15
JUGEMテーマ:コンピュータ

--------------------------------------
Summary
起動中の複数のExcelアプリケーションを取得する。
Application[] applications = Application.GetActiveInstances();

(追記)動作しない環境があるので検証中・・・。
--------------------------------------

Source and Project
 
NetOfficeを利用すると起動中のExcelオブジェクトを簡単に取得することができます。

サンプルコード。

using System;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121204_001
{
    class Program
    {
        static void Main()
        {
            Application[] applications = Application.GetActiveInstances();
            applications
                .SelectMany(app => app.Workbooks)
                .ToList()
                .ForEach(book => Console.WriteLine(book.Name));
        }
    }
}

■起動中の複数のExcelアプリケーションを取得する。
Application[] applications = Application.GetActiveInstances();

GetActiveInstancesの実装を読むと、COMオブジェクトがどういうものか感じ取れるようです。暇な人は読んでみると面白いと思います。実装を呼んでいくと、NetOffice.RunningObjectTableというクラスに行くつきます。ここの実装を読めば、どのようにCOMオブジェクトがなんかわかりそうです。私はまだ分かりません(笑)

Microsoft.Office.Interop.Excel.Applicationには、このようなメソッドは用意されておらず、NetOffice独自の実装のようです。

■管理者権限のあるなしで動作が異なる。
(この情報は不確かな情報です。まだ、確実に検証していません。)
今回作成したアプリケーションを管理者権限で実行した場合、管理者権限のない状態で実行しているExcelアプリケーションは取得できません。両者を管理者権限で実行するか、両者を管理者権限なしで実行するか、または、UAC(User Account Control)を無効にする 必要があります。

---------
(追記)
どういう訳か動作しなくなりました。
検索対象でないCOMオブジェクを取得した際に、
 Marshal.ReleaseComObject(comInstance);
COMオブジェクトを解放しているのですが、その際に
{System.Runtime.Remoting.Proxies.RemotingProxy}
を解放しようとしているようです。これがSysytm_COMObjectを継承していないのでダメっていってるようですが、どうしてこうなったのか・・・。
プロセスをKillしたから?VSTOから生成したCOMオブジェクトを更にNetOfficeでラップしたりしたから??NetOfficeのバグ??

分かり次第、追記します。

------------
(追記)
NetOffice.RunningObjectTableクラスを読む限り、
Marshal.ReleaseComObject(comInstance);
をする際に、comInstanceがCOMオブジェクトであるかどうかの判定が抜けているように見えます。
Marshal.IsComObject(comInstance)
で判定はできると思いますが、

namespace System.Runtime.InteropServices.ComTypes
{
    ...

    /// <summary>
    /// 指定したオブジェクト名が実行中として登録されている場合は、登録済みのオブジェクトを返します。
    /// </summary>
    ///
    /// <returns>
    /// 操作が成功したかどうかを示す HRESULT 値。
    /// </returns>
    /// <param name="pmkObjectName">ROT で検索するモニカーへの参照。</param><param name="ppunkObject">このメソッドが返されるときに、要求された実行中オブジェクトを格納します。 このパラメーターは初期化せずに渡されます。</param>
    [MethodImpl(MethodImplOptions.PreserveSig)]
    int GetObject(IMoniker pmkObjectName, [MarshalAs(UnmanagedType.Interface)] out object ppunkObject);
}

このインターフェイスで定義されたメソッドのppunkObjectがCOMオブジェクト以外を設定して返してくること自体おかしいような気もするので、もうちょっと原因を追った方が良さそうです。

--------------------------
(追記)
サンプルコードを書いている際は、RunningObjectTableクラスの動きが見たかった為、ソースコードをコピーしてコンソールアプリと同じプロジェクトにおいて試していたのですが、あとかNetOfficeのdllに差し替えて動作させようとしてから動作しなくなってしまったようです。Source and Projectを用意した際にdllを入れ替えたのですが、その後、実行したような気がするので、どうも腑に落ちないのですが・・・・。別のdllにしたことによって何かかわるのかな???ウイルス対策ソフト???

--------------------------
(追記)
自作したdllにRunningObjectTableクラスをおいて実行してみると、きちんと動くことを確認。
配布されているソースコードのプロジェクトを参照して実行すると、同様の現象が出ることを確認。
なんだろう・・・。相互運用型埋め込みが何かわるさしてるのかな・・・・。と、思って、ターゲットを.NetFrameowk3.5のソリューションを作り直して試してみましたが、同じ現象が・・・OS再起動してもおなじ・・・なんだろう。

こけてるCOMオブジェクトが何者か調べた方がよさそうですね・・・。コンポーネントがnullで帰ってくるので何者か判断できなんだけど・・・。

--------------------------
(追記)
モニカを調べてみたところ
Display Nameが
!{CC7C96DF-1942-4D46-9FCD-810EF1C56C2D}
になっているオブジェクトでこけているようです。う〜ん。やっぱりCOMオブジェクト以外も帰ってくる事を考慮してないのがいけないのかな・・・でも、自分で同じコードを書くとなぜか動くという・・・不思議。と、思ったら、今は自作したやつもダメになった・・・・。

--------------------------
(追記)
動作したりしなくなったりする原因がわかりました。単にVisual Studio を管理者で実行したかしないかの問題でした。今回紹介した方法は管理者で実行した場合とそうでない場合で見えるものが異なる用です。そして、管理者権限でないユーザで実行した場合、たまたまSystem.__COMObjectを返さないオブジェクトを引っかけ、それを解放しようとしていることに問題があるようです。ただ、COMオブジェクトを返すことを意図したインターフェイスのような気がするので誰が悪いのか・・・。う〜ん。

Source and Project

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)

  • 2012.12.02 Sunday
  • 05:11
JUGEMテーマ:コンピュータ



Source and Project

【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(1)
http://pro.art55.jp/?eid=1304131
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(2)
http://pro.art55.jp/?eid=1304132
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(3)
http://pro.art55.jp/?eid=1304133

(1)(2)(3)ともに、値があるという状態の判定がValue2がnullである事とEndメソッドでヒットするという2パターンを混在させていたので、この辺りに非常に不安があると思い、今回は、これを改善したいと思います。Endメソッドよりより細かく条件を指定できるFindメソッドがあるので、今回はこれを利用します。


上記の図は、Range.Findメソッドを利用して、最下部の行のIndexを取得するロジックを図に表したものです。列と行の検索方法に関しては、Endメソッドを利用した時と同様なロジックで検索がされることが分かります。ただし、Range.Findメソッドを利用した方が、何を検索するのかという事が、明確になるメリットがあります。


上の図は、最上部の行を取得するロジックを表しています。Range.Findメソッドの仕様上、スタートとなるセルは検索が一番最後となってしまうため、一番最後に検索をかけたいポイントがスタートのセルとなります。

値が存在する範囲のRangeの取得するロジックは

1.左上から右方向へ値が存在するセルを検索し、最初に見つかったセルの行が最上部の行となる。
2.右下から左方向へ値が存在するセルを検索し、最初に見つかったセルの行が最下部の行となる。
3.左上から下方向へ値が存在するセルを検索し、最初に見つかったセルの列が最左部の列となる。
4.左上から上方向へ値が存在するセルを検索し、最初に見つかったセルの列が最右部の列となる。

ということで、コードで書くと

using System;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;
using NetOffice.ExcelApi.Enums;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121202_002
{
    public static class WorksheetUtils
    {
        public static Range GetHasContentUsedRange(this Worksheet sheet)
        {
            Range usedRange = sheet.UsedRange;
            Range endCell = usedRange
                .First()
                .Offset(usedRange.Rows.Count - 1,
                        usedRange.Columns.Count - 1);
            const string allMatchValues = "*";
            Range topCell = usedRange.Find(
                allMatchValues,
                endCell,
                XlFindLookIn.xlValues,
                Type.Missing,
                XlSearchOrder.xlByRows,
                XlSearchDirection.xlNext);
            if (topCell == null)
            {
                return null;
            }
            int top = topCell.Row;
            int tail = usedRange.Find(
                allMatchValues,
                Type.Missing,
                XlFindLookIn.xlValues,
                Type.Missing,
                XlSearchOrder.xlByRows,
                XlSearchDirection.xlPrevious)
                                .Row;
            int left = usedRange.Find(
                allMatchValues,
                endCell,
                XlFindLookIn.xlValues,
                Type.Missing,
                XlSearchOrder.xlByColumns,
                XlSearchDirection.xlNext)
                                .Column;
            int right = usedRange.Find(
                allMatchValues,
                Type.Missing,
                XlFindLookIn.xlValues,
                Type.Missing,
                XlSearchOrder.xlByColumns,
                XlSearchDirection.xlPrevious)
                                 .Column;
            return sheet.Range(sheet.Cells[top, left], sheet.Cells[tail, right]);
        }
    }
}

今回の方法だと、Range.Findメソッドで指定できる検索方法がそのまま使えるため、何を検索したいか変更することもできるようになります。その辺りが前回までよりス連れているところでしょうか。また、実際に検索を書けてみたところ、シート全体に及ぶ検索でも、短気な私でも待てるくらいのパフォーマンスが出ることがわかりました。

まだ、問題が・・・Findメソッドは仕様上、非表示な列や行は検索に引っかからないみたいです。なので、端が非表示だと範囲に入らなくなります。非表示項目も範囲として含めたい場合は、何らかの対処が必要そうです。

Source and Project

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】【Excel】オブジェクト モデル のリファレンス

  • 2012.12.02 Sunday
  • 04:21
JUGEMテーマ:コンピュータ
 
オブジェクト モデル リファレンス (Excel 2013 開発者用リファレンス)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/ff194068.aspx

検索が上位の来なくて、探すのが大変なのでリンク貼っておきます。

【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(3)

  • 2012.12.02 Sunday
  • 01:59
JUGEMテーマ:コンピュータ

------------------------------------
追記
以下で条件の不安を解消するロジックを組んでみました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)
http://pro.art55.jp/?eid=1304135
------------------------------------

Source and Project

【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(1)
http://pro.art55.jp/?eid=1304131
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(2)
http://pro.art55.jp/?eid=1304132

上記で投稿したロジックを再考してみました。ループの回数をなるべく減らすために、どうすれば良いのか考えていたわけですが、(1)では上下左右の全ての辺の列と行をループする処理を書いたのですが、これは効率が悪いというわけで、(2)で、一つの辺だけ、全ての列をループさせるという処理に書き換えてみました。ただ、それでもシート全体を検索を書けるような状況では、待てないくらい遅くなるので、ゴミデータなどが入り込んでいる場合は問題となります。

そこで更にロジックを改善してみました。冒頭に示している図の通り、

1.左端から右へ値が存在する列がみつかるまで検索する。見つかった列を左端の列とする。
2.右端から左へ値が存在する列がみつかるまで検索する。見つかった列を右端の列とする。
3.上から下へ値が存在する行がみつかるまで検索する。見つかった行を上端の行とする。
4.下から上へ値が存在する列がみつかるまで検索する。見つかった列を下端の行とする。

このロジックであれば、全ての辺に対して、すべての列と行を検索することなく得たい値を得ることができます。実装すると

using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;
using NetOffice.ExcelApi.Enums;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121202_001
{
    public static class WorksheetUtils
    {
        public static Range GetHasContentUsedRange(this Worksheet sheet)
        {
            Range usedRange = sheet.UsedRange;
            int usedRangeTailIndex = usedRange.Row + usedRange.Rows.Count - 1;
            int usedRangeLeftIndex = usedRange.Column + usedRange.Columns.Count - 1;
            var rightColumn = usedRange
                .Rows
                .First()
                .Columns
                .FirstOrDefault(cell => cell.Value2 != null
                                        || cell.End(XlDirection.xlDown).Row <= usedRangeTailIndex);
            if (rightColumn == null)
            {
                return null;
            }
            int right = rightColumn.Column;
            int left = usedRange
                .Rows
                .First()
                .Columns
                .ReverseRows()
                .First(cell => cell.Value2 != null
                               || cell.End(XlDirection.xlDown).Row <= usedRangeTailIndex)
                .Column;
            int top = usedRange
                .Columns
                .First()
                .Rows
                .First(cell => cell.Value2 != null
                               || cell.End(XlDirection.xlToRight).Column <= usedRangeLeftIndex)
                .Row;
            int tail = usedRange
                .Columns
                .First()
                .Rows
                .ReverseColumns()
                .First(cell => cell.Value2 != null
                               || cell.End(XlDirection.xlToRight).Column <= usedRangeLeftIndex)
                .Row;
            return sheet.Range(sheet.Cells[top, left], sheet.Cells[tail, right]);
        }
        private static IEnumerable<Range> ReverseRows(this Range range)
        {
            Range row = range.Columns.First();
            for (int index = range.Columns.Count - 1; index >= 0; index--)
            {
                yield return row.Offset(0, index);
            }
        }
        private static IEnumerable<Range> ReverseColumns(this Range range)
        {
            Range column = range.Rows.First();
            for (int index = range.Rows.Count - 1; index >= 0; index--)
            {
                yield return column.Offset(index, 0);
            }
        }
    }
}

ポイントとしてはIEnumerable<T>.Last(thist IEnumerable<T> source)やIEnumerable<T>.Reverse(thist IEnumerable<T> source)は、使わない事ですね。なるべく先頭からアクセスするようにして、後ろからアクセスする場合は、添え字演算子で順次アクセスしていくというのがパフォーマンスを劣化させないポイントでしょうか。この辺、Excelのオブジェクトがめちゃくちゃ扱いにくいところです。

今回のチューニングで、シート全体が検索される状況でも、短気な私でも待てるぐらいの早さになりました。

Source and Project

------------------------------------
追記
以下で条件の不安を解消するロジックを組んでみました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)
http://pro.art55.jp/?eid=1304135
------------------------------------

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(2)

  • 2012.12.01 Saturday
  • 22:50
JUGEMテーマ:コンピュータ

------------------------------------
追記
以下でロジックのチューニングを行いました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(3)
http://pro.art55.jp/?eid=1304133
以下で条件の不安を解消するロジックを組んでみました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)
http://pro.art55.jp/?eid=1304135

以下で条件の不安を解消するロジックを組んでみました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)
http://pro.art55.jp/?eid=1304135
------------------------------------

Source and Project

「【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。」
http://pro.art55.jp/?eid=1304131
で、組んでみたロジックが無駄な部分が多いと思ったので改善してみました。

もともとのロジックは、



ロジックを文章にすると

1.最上部の列から下方向に検索して、値が存在する行の最上部を取得する
2.最下部の列から上方向に検索して、値が存在する行の最下部を取得する
3.最左部の行から右方向に検索して、値が存在する行の最左部を取得する
4.最上部の行から左方向に検索して、値が存在する行の最右部を取得する
5.1,2,3,4で得た範囲をRangeで返す。

というものですが、1の処理を実行した時点で2,3は分かってしまうことは明白です。

絵にするとこんな感じ。


文章にすると

1.最上部の列から下方向に検索し、値が存在する列に対して、終端になる行と列を取得する。
2.1の結果から、値が存在する行の最上部を取得する。
3.1の結果から左方向から、行の最左部を取得する。
4.1の結果から右方向から、行の最右部を取得する。
5.1の結果から値が存在する列に対して、値が存在する最下部を取得する。

using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;
using NetOffice.ExcelApi.Enums;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121201_002
{
    public static class WorksheetUtils
    {
        public static Range GetHasContentUsedRange(this Worksheet sheet)
        {
            Range usedRange = sheet.UsedRange;
            int usedRangeTailIndex = usedRange.Row + usedRange.Rows.Count - 1;
            List<ValueInfo> topColumnValueInfos = usedRange
                .Rows
                .First()
                .Columns
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? ValueInfo.CreateValueInfo(cell)
                                    : ValueInfo.CreateValueInfo(cell.End(XlDirection.xlDown)))
                .Where(info => info.RowIndex <= usedRangeTailIndex)
                .ToList();
            if (topColumnValueInfos.Count == 0)
            {
                return null;
            }
            int top = topColumnValueInfos.Min(info => info.RowIndex);
            int left = topColumnValueInfos.First().ColumnIndex;
            int right = topColumnValueInfos.Last().ColumnIndex;
            int tail = topColumnValueInfos
                .Select(info => sheet.Cells[usedRangeTailIndex, info.ColumnIndex])
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? cell.Row
                                    : cell.End(XlDirection.xlUp).Row)
                .Max();
            return sheet.Range(sheet.Cells[top, left], sheet.Cells[tail, right]);
        }
        struct ValueInfo
        {
            public int RowIndex { get; private set; }
            public int ColumnIndex { get; private set; }
            public static ValueInfo CreateValueInfo(Range cell)
            {
                var valueInfo = new ValueInfo {RowIndex = cell.Row, ColumnIndex = cell.Column};
                return valueInfo;
            }
        }
    }
}



UsedRangeの範囲で上下左右の全ての行と列を全検索する処理よりもループの数が減っているのでおそらくは、効率が上がったかと思われます。時間測って測っていませんけど(笑)
ただし、これでもシートの全範囲を検索してしまうような自体になった場合は、短気な私では時間を計れないほど遅くなります。実際のアプリケーションでシートの全ての範囲を利用するようなケースというのは考えにくいので、上下限は仕様で決めておくというのも一つの手かもしれません。

ロジックは上下の判定を同時に行えば、さらに効率が上がりそうです。

Source and Project

--------------------------------------
(追記)
ふと、もっと効率の良い方法があることに気づいた・・・。


------------------------------------
追記
以下でロジックのチューニングを行いました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(3)
http://pro.art55.jp/?eid=1304133
以下で条件の不安を解消するロジックを組んでみました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)
http://pro.art55.jp/?eid=1304135

以下で条件の不安を解消するロジックを組んでみました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(4)
http://pro.art55.jp/?eid=1304135
------------------------------------
--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(1)

  • 2012.12.01 Saturday
  • 20:51
JUGEMテーマ:コンピュータ

------------------------------------
追記
以下でロジックのチューニングを行いました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(2)
http://pro.art55.jp/?eid=1304132
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(3)
http://pro.art55.jp/?eid=1304133
------------------------------------



Source and Project

Worksheet.UsedRangeプロパティで取得したRangeは、現在使用されているセルの範囲(長方形)のRangeになります。この使用されているというのが、Range.Values2に値がなくてもフォントの設定や背景色が変更されていたりしても、同様に使用されていると判定されます。何かのアプリケーションを作成しようとロジックを組む場合、値がない場所は入らないというケースが多いのではないかと思います。UsedRangeだけにかぎった話ではないとは思うのですが、とりあえずコードを作成してみました。

using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;
using NetOffice.ExcelApi.Enums;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121201_001
{
    public  static class WorksheetUtils
    {
        public static Range GetHasContentUsedRange(this Worksheet sheet)
        {
            Range usedRange = sheet.UsedRange;
            if (AnyContais(usedRange))
            {
                return null;
            }

            int top = GetUsedTopIndex(usedRange);
            int tail = GetUsedTailIndex(usedRange);
            int left = GetUsedLeftIndex(usedRange);
            int right = GetUsedRightIndex(usedRange);
            return sheet.Range(sheet.Cells[top, left], sheet.Cells[tail, right]);
        }

        private static bool AnyContais(Range usedRange)
        {
            int end = usedRange.Row + usedRange.Rows.Count - 1;
            return usedRange
                .Rows
                .First()
                .Columns
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? cell.Row
                                    : cell.End(XlDirection.xlDown).Row)
                .All(rowIndex => rowIndex > end);
        }

        private static int GetUsedTopIndex(Range usedRange)
        {
            return usedRange
                .Rows
                .First()
                .Columns
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? cell.Row
                                    : cell.End(XlDirection.xlDown).Row)
                .Concat(new[] { usedRange.Row + usedRange.Rows.Count - 1 })
                .Min();
        }

        private static int GetUsedTailIndex(Range usedRange)
        {
            return usedRange
                .Rows
                .Last()
                .Columns
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? cell.Row
                                    : cell.End(XlDirection.xlUp).Row)
                .Concat(new[] { usedRange.Row })
                .Max();
        }

        private static int GetUsedLeftIndex(Range usedRange)
        {
            return usedRange
                .Columns
                .First()
                .Rows
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? cell.Column
                                    : cell.End(XlDirection.xlToRight).Column)
                .Concat(new[] { usedRange.Column + usedRange.Columns.Count - 1 })
                .Min();
        }

        private static int GetUsedRightIndex(Range usedRange)
        {
            return usedRange
                .Columns
                .Last()
                .Rows
                .Select(cell => cell.Value2 != null
                                    ? cell.Column
                                    : cell.End(XlDirection.xlToLeft).Column)
                .Concat(new[] { usedRange.Column })
                .Max();
        }
    }
}

上記のロジックを絵にすると、たとえばしたの用にシートがあったとします。黄色の範囲がUsedRangeに相当します。そして、今回見つけたい範囲は●がちょうど収まる範囲の長方形のRangeになります。


B3からH3のEnd(xlDirection.xlDown)でUsedRangeの範囲でヒットする行のインデックスを検索していきます。下の場合、D5が行の最小になります。


列の最小を検索している例がしたの図になります。



コードを組んでみましたが、正直、これで大丈夫なのか不安です(笑)Endメソッドの終端の判定とValue2がnullであることと同一して良いのかとか、Endメソッドの判定ってそもそも不明ですし・・・。

とりあえず、動作させてテストしてみまいした。

using System;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;
using NetOffice.ExcelApi.Enums;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121201_001
{
    class Program
    {
        static void Main()
        {
            var application = new Application {Visible = true};
            var sheet = application
                .Workbooks
                .Add()
                .Worksheets
                .OfType<Worksheet>()
                .First();

            while ((Console.ReadLine() ?? string.Empty).ToUpper() != "Z")
            {
                Range usedRange = sheet.GetHasContentUsedRange();
                if (usedRange != null)
                {
                    usedRange.Interior.Color = XlRgbColor.rgbSkyBlue;
                }  
            }
        }
    }
}

UsedRangeのうち値がある範囲(長方形)だけ背景色がスカイブルーに色が変わります。





UsedRangeが返してくる範囲は黄色の範囲です、それに対して、値がある範囲が終端となる範囲がスカイブルーになっていることが、わかります。
ただ、今回の実装では、全ての範囲が利用されているようなケースでは恐ろしく時間がかかります。私のパソコンでは、短気な私が待てないほど時間が経過したため途中でやめました。そもそも、今回の判定が上下左右の判定を行っていますが、実際には上下または左右だけで判定できる事は自明なのでコストが2倍かかっており効率がわるいです。
また、VBAは大昔からあるプログラミング言語なので、この辺りの賢いやり方というのがあると思います。そういうのをググって移植してあげれば良いかと思います。

Source and Project

------------------------------------
追記
以下でロジックのチューニングを行いました。
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(2)
http://pro.art55.jp/?eid=1304132
【NetOffice】Worksheet.UsedRangeプロパティから更に値の有無で絞り込むロジック組んでみた。(3)
http://pro.art55.jp/?eid=1304133
------------------------------------

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】【WPF】Worksheet.UsedRangeとRange.Value2プロパティ値の出方を確かめる

  • 2012.11.30 Friday
  • 20:10
JUGEMテーマ:コンピュータ



Source and Project
-----------------------------
Summary
Worksheet.UsedRangeは、セルに値があるという判定以外にフォーマットが変更されているとか、セルが結合されているとかでも、使用されていると判定される。

セルが結合している場合、Range.Valueは、結合しているセルの一番上の左に対応するValueに値が設定されている。
-----------------------------
Worksheet.UsedRangeプロパティは、指定されたシートのセルのうち利用されているセル収まる範囲で表現できる長方形のRangeを返します。今回は、そのRangeが返すValue2の値がどうなっているのか調べる為のツールを作成し、Value2の値を検証してみたいと思います。

サンプルコード

<Window x:Class="Art55.NetOfficeDemo20121130_001.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="Auto" />
            <RowDefinition Height="*" />
        </Grid.RowDefinitions>
        <Button Grid.Row="0" Click="OnShow">Show</Button>
        <DataGrid Grid.Row="1"
                  CanUserDeleteRows="False"
                  CanUserReorderColumns="False"
                  CanUserSortColumns="False"
                  CanUserAddRows="False"
                  SelectionMode="Single"
                  SelectionUnit="Cell"
                  DataContext="{Binding .}"
                  ItemsSource="{Binding}"></DataGrid>
    </Grid>
</Window>

using System;
using System.Data;
using System.Linq;
using System.Windows;
using Excel = NetOffice.ExcelApi;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121130_001
{
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
            _application = new Excel.Application { Visible = true };
            _application.Workbooks.Add();
        }
        private readonly Excel.Application _application;
        private void OnShow(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            if (_application.IsDisposed)
            {
                return;
            }
            if (_application.Workbooks.Count == 0)
            {
                return;
            }
            var sheet = (Excel.Worksheet)_application.ActiveSheet;
            Excel.Range usedRange = sheet.UsedRange;
            var dataGridSource = new DataTable { CaseSensitive = true };
            usedRange
                .Columns
                .Select(column => column
                    .First()
                    .Address
                    .Split("$1234567890".ToArray(), StringSplitOptions.RemoveEmptyEntries)
                    .First())
                .ToList()
                .ForEach(columnName => dataGridSource.Columns.Add(columnName));
            var items = usedRange
                            .Value2 as object[,] ?? new[,] {{usedRange.Value2}};
            items
                .Cast<object>()
                .ToArrarySeq<object>(items.GetLength(1))
                .ToList()
                .ForEach(rowItems => dataGridSource.Rows.Add(rowItems));
            dataGridSource.AcceptChanges();
            DataContext = dataGridSource;
        }
    }
}

サンプルコードは、WPFで構築したWindowのボタンを押したタイミングで、ExcelシートのつかわれているRangeのValue2をWindowのDataGridの部分に表示するといったシンプルな作りです。

■でこぼこに値がある場合




TOP/DOWN/LEFT/RIGHTともに何か値があるセルが確実に入る範囲のobject[,]が取得できていることがわかります。

■値はないが背景色が設定されている。




F4は値はないが、背景色は規定値以外が設定されているので、使用されているセルと判定されるようです。

■セルの結合をしている場合




注目するべきは2点あります。D4をみると一つはセルの結合がなされた場合、一番上の一番左のセルに対応するValueに値が設定され、それ以外はnullの用です。また、D7を見ると結合したセルは使われていると見なされるようです。

値がある場合のみ使われていると判定したい場合は、何かロジックを組む必要がありそうです。

Source and Project

【NetOffice】指定したセルの終端セルを探す。Range.Endメソッド

  • 2012.11.29 Thursday
  • 20:58
JUGEMテーマ:コンピュータ



Source and Project

------------------------------------------
Summary

Range.Endメソッドを利用すると、指定されたセル(Rangeオブジェクト)から上、下、右、左のいずれかの終端セルを見つける事ができます。
------------------------------------------

サンプルコード

using System;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;
using NetOffice.ExcelApi.Enums;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121129_001
{
    class Program
    {
        static void Main()
        {
            var application = new Application { Visible = true };
            Worksheet worksheet = application.Workbooks.Add().Worksheets.OfType<Worksheet>().First();
            var values = new object[,]
                                   {
                                       {null, null, null, null, null, null},
                                       {null, null, null, "○", null, null},
                                       {"○", "○", "○", "○", "○", "○"},
                                       {"○", "○", "○", "○", "○", "○"},
                                       {"○", "○", "○", "●", "○", "○"},
                                       {"○", "○", "○", "○", "○", "○"},
                                       {"○", "○", "○", "○", "○", "○"},
                                       {"○", "○", "○", null, "○", "○"},
                                       {"○", "○", "○", "○", "○", "○"}
                                   };
            Range range = worksheet.Range(worksheet.Cells.First(),
                                          worksheet.Cells[values.GetLength(0), values.GetLength(1)]);
            range.Value2 = values;
            Console.ReadLine();
            Range baseCell = range
                .First(cell => (cell.Value2 == null ? string.Empty : cell.Value2.ToString()) == "●");
            baseCell.End(XlDirection.xlDown).Value = "xlDown";
            baseCell.End(XlDirection.xlToLeft).Value = "xlToLeft";
            baseCell.End(XlDirection.xlToRight).Value = "xlToRight";
            baseCell.End(XlDirection.xlUp).Value = "xlUp";
        }
    }
}

■下の終端
baseCell.End(XlDirection.xlDown).Value = "xlDown";

■左の終端
baseCell.End(XlDirection.xlToLeft).Value = "xlToLeft";

■右の終端
baseCell.End(XlDirection.xlToRight).Value = "xlToRight";

■上の終端
baseCell.End(XlDirection.xlUp).Value = "xlUp";

実行すると





●から見て、上の終端がxlUp、左がxlToLeft、右がxlToRight、下がxlDownとなっています。

この動きはキーボードのEnd + [方向キー↑↓←→]のいずれかを押したときの動作と同じになるようです。私の使用しているキーボードではEndキーを押したい場合、Fnキーを押さなけばならないのですが、同時に方向キーを押した場合、「Pg Up」など別の意味になってしまい、試せません(汗)(訂正:ExcelではEndキーを押すと、Endモードに切り替わり、その後、方向キーを押すという操作で終端を探す操作ができるようです。なので同時押しは必要でなく、実際に私のPCでも操作が可能でした)

感想なのですが、このRange.Endメソッドの終端の判定がよくわからず、扱いに困りそうな気がします。NetOfficeを利用するなら.NET Frameworkを活用した方が良いような気がします。と、思ってLinqで書いてみたのですが、どうもぱっとしない(笑)

Range xlDownCell = baseCell.Offset(
    Enumerable
    .Range(0, worksheet.UsedRange.Rows.Count + worksheet.UsedRange.Cells.Row - baseCell.Row - 1)
    .TakeWhile(rowIndex => baseCell.Offset(rowIndex, 0).Value2 != null)
    .Last(), 0);

Linqでindexを扱うと、どうも読みくいと感じてしまいます。あとどこまで調べれば良いのか悩みます。

■自分自身が空だったら


自分自身が終端だったら、上記のように動くようです。

■自分自身とその周りの空だったら


むしろ何もないところから探すというのが本来の使用用途なのかもしれないくらい、良い感じで動いてくれます。このメソッドをフランクな感じでいうと「何もないところと何かあるところの、何かある方の境界を取得するメソッド」といえます。

■何もかもない場合






壁にぶち当たるようです。何もない場合は何もないところの限界までいくようです。なので解される値が、かならず何かの値を持っているとはかぎらないようです。この点は注意が必要そうです。

■Range.Valueはnullでも背景やフォントなどの書式が設定されている場合

既定の背景色やフォントカラーから外れているセルでも、何もないと判定され、その直前のセルが終端とみなされるようです。UsedRangeでは使われていると判定されていたような気もしますが・・・。

■コメントを入れてみた

コメントも、何もないと判定されるようです。

■式を入れてみた。

見た目は何も表示されていないように見える式をいれてみたところ、何かあると判定されました。よって終端が変わったことがわかります。

Source and Project

--------------------------------------
(追記)
キー操作でEnd + ↓ の動きを図にしました。


正直な話、この動きでロジックを組もうとした場合に、値があるセルの上部の終端なのか下部の終端なのかワークシート全体の上部の終端なのか全体の下部の終端なのか判定する必要があるので、扱いづらいと感じます。もちろんユーザが操作する場合は、シートに情報が見えているので察しのつくレベルなので問題なく、逆に「なぜここで止まる?」と思うような動きをした場合は、ユーザに「ここに何かあるよ」とExcel側が教えてくれる機能であるとも言えるので、End+矢印はユーザにとっては使える機能であることは間違いなのですが・・・・。

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

【NetOffice】リボンの実装からCOMテクノロジをのぞき見る。

  • 2012.11.26 Monday
  • 20:37
JUGEMテーマ:コンピュータ



Source and Project

-----------------------------------------------------
Summary
VSTOやNetOfficeなどを利用しなくても、ExcelUIリボンをアプリケーションレベルでカスタマイズ可能である。

ExcelUIリボンのコードからカスタマイズしたい場合は、GUIDが000C0396-0000-0000-C000-000000000046で指定されたインターフェイスを利用すると良い。
■VSTOを利用する場合、office.dllの以下のインターフェイスを利用する。
 Microsoft.Office.Core.IRibbonExtensibility
  VSTOの場合は、自動生成してくれる部分があるので簡略化できる。
■NetOfficeを利用する場合、OfficeApi.dllの以下のインターフェイスを利用する。
 NetOffice.OfficeApi.IRibbonExtensibility
■自作する場合は、GUIDを000C0396-0000-0000-C000-000000000046にする。
-----------------------------------------------------

順番からすると、先にNetOfficeを使ってアプリケーションレベルでのリボンインターフェイスの実装を紹介するのが先かと思うのですが、当Blogは、興味のあることを書いていくというスタンスで、好き勝手にやらさせてもらっているので、順番無視して、私がよくわかっていないCOMっていうテクノロジーをのぞき見たよっていう投稿をしたいと思います。

「あれ?」って思ったんです。最初に見たときに。NetOfficeを利用して、リボンインターフェイスを実装しようとすると

1.Extensibility.dllを参照させて、IDTExtensibility2インターフェイスを継承したクラスを作成する。
2.クラスやdllがCOM参照できるように属性を設定。
3.レジストリー登録・解除用メソッドを作成。

1,2,3の手順を行えば、Excel用のCOMアドインは作成できるのですが、ここにNetOfficeのライブラリーを参照させる必要はなく、実装できます。でも、リボンUIを実装しようとすると、話がかわります。まず、OfficeApi.dllを参照させて、IRibbonExtensibilityインターフェイスを継承させ、GetCustomUIメソッドを実装しなければありません。これが「あれ?」と思うわけです。ものすごく違和感を感じるのです。Excelよりも後発で作られたはずのOfficeApi.dllに定義されたIRibbonExtensibilityインターフェイスを、Excelは、どうやって知って呼び出したのだろうと。.NETの世界で、これを完結させようとすると、あらかじめExcel側がインターフェイス名とメソッド名を知っているというか、識別子だけ定義しておき、それに併せてOfficeApi.dllの開発者がインターフェイスを定義すれば、リフレクション経由で何とか呼び出せそうです。ただし、名前空間まで同じにしておく必要があります。そんな事してるのかな?なんて、思いまして、.NetOfficeのソースコード眺めていたらあることに気がつきました。IRibbonExtensibilityインターフェイスの属性に指定されているGUIDとVSTO(http://msdn.microsoft.com/en-us/library/microsoft.office.core.iribbonextensibility.aspx)で定義されているIRibbonExtensibilityインターフェイスのGUIDが一致いている。

 [ComImport, ComVisible(true), Guid("000C0396-0000-0000-C000-000000000046"), TypeLibType((short) 4160)]
 public interface IRibbonExtensibility
 {
     ...
 }

このGUIDが重要なんです。このGUIDをレジストリで検索を書けてみると



HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Classes¥Wow6432Node¥Interface¥{000C0396-0000-0000-C000-000000000046}という場所にIRibbonExtensibilityという値が定義されていまして、もしかしてGUIDを併せてインターフェイスを定義すれば、別にNetOffiiceのライブラリーを参照しなくても、勝手にExcelが読み込んでくれるのではないかと、思い立ち実験してみることにしてみました。

で、書いたコードがこれ、VSTOもNetOfficeでもなく、IRibbonExtensibilityを自作する。後で調べて分かった事ですが、インターフェイスの名前は何でも良いようです。とにかくGUIDを000C0396-0000-0000-C000-000000000046にすればいいようです。また、COMにインポートできるようにComImport属性をつけ、COM参照できるようにComVisible(true)にする必要があります。

using System.Runtime.InteropServices;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121126_001
{
    [ComImport, ComVisible(true), Guid("000C0396-0000-0000-C000-000000000046")]
    public interface IRibbonExtensibility
    {
        string GetCustomUi(string ribbonId);
    }
}

これを利用して、アドインクラスを作成すると

using System;
using System.Diagnostics;
using System.IO;
using System.Reflection;
using System.Runtime.InteropServices;
using System.Windows.Forms;
using Extensibility;
using Microsoft.Win32;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121126_001
{
    [GuidAttribute("15071DAF-177C-4438-9129-4B4DB82BFF81"), ProgId(AddInProcId), ComVisible(true)]
    public class ExcelComAddin : IDTExtensibility2, IRibbonExtensibility
    {
        private const string AddInProcId = "Art55.Excel.ExcelComAddin";
        private const string SubKeyPath = @"Software¥Microsoft¥Office¥Excel¥Addins¥" + AddInProcId;

        [ComRegisterFunctionAttribute]
        public static void RegisterFunction(Type type)
        {
            try
            {
                // add codebase value
                Assembly thisAssembly = Assembly.GetAssembly(typeof(ExcelComAddin));
                RegistryKey key = Registry.ClassesRoot.CreateSubKey("CLSID¥¥{" + type.GUID.ToString().ToUpper() + "}¥¥InprocServer32¥¥1.0.0.0");
                key.SetValue("CodeBase", thisAssembly.CodeBase);
                key.Close();

                key = Registry.ClassesRoot.CreateSubKey("CLSID¥¥{" + type.GUID.ToString().ToUpper() + "}¥¥InprocServer32");
                key.SetValue("CodeBase", thisAssembly.CodeBase);
                key.Close();

                // add bypass key
                // http://support.microsoft.com/kb/948461
                key = Registry.ClassesRoot.CreateSubKey("Interface¥¥{000C0601-0000-0000-C000-000000000046}");
                var defaultValue = key.GetValue("") as string;
                if (null == defaultValue)
                    key.SetValue("", "Office .NET Framework Lockback Bypass Key");
                key.Close();

                Registry.CurrentUser.CreateSubKey(SubKeyPath);
                RegistryKey regKeyExcel = Registry.CurrentUser.OpenSubKey(SubKeyPath, true);
                regKeyExcel.SetValue("LoadBehavior", 3);
                regKeyExcel.SetValue("FriendlyName", "ExcelComAddin");
                regKeyExcel.SetValue("Description", "DESC");
                regKeyExcel.Close();
            }
            catch (Exception)
            {
                Debugger.Launch();
            }
        }


        [ComUnregisterFunction]
        public static void UnregisterFunction(Type type)
        {
            try
            {
                Registry.ClassesRoot.DeleteSubKey(@"CLSID¥{" + type.GUID.ToString().ToUpper() + @"}¥Programmable", false);
                Registry.CurrentUser.DeleteSubKey(SubKeyPath, false);
            }
            catch (Exception)
            {
                Debugger.Launch();
            }
        }

        void IDTExtensibility2.OnConnection(object application, ext_ConnectMode connectMode, object addInInst, ref Array custom)
        {
        }

        void IDTExtensibility2.OnDisconnection(ext_DisconnectMode removeMode, ref Array custom)
        {
        }

        void IDTExtensibility2.OnAddInsUpdate(ref Array custom)
        {
        }

        void IDTExtensibility2.OnStartupComplete(ref Array custom)
        {
        }

        void IDTExtensibility2.OnBeginShutdown(ref Array custom)
        {
        }

        public string GetCustomUi(string ribbonId)
        {
            return ReadRessourceFile("RibbonUI.xml");
        }

        protected internal static string ReadRessourceFile(string fileName)
        {
            Assembly assembly = typeof(ExcelComAddin).Assembly;
            using (Stream ressourceStream = assembly.GetManifestResourceStream(assembly.GetName().Name + "." + fileName))
            {
                if (ressourceStream == null)
                    throw (new IOException("Error accessing resource file"));

                using (var textStreamReader = new StreamReader(ressourceStream))
                {
                    return textStreamReader.ReadToEnd();
                }
            }
        }

        public void OnAction(object sender)
        {
            MessageBox.Show(sender.ToString());
        }

    }
}

赤字にしたところがUIリボンの読み込みの実装です。見ての通り、VSTOもNetOfiiceも利用していません。これをCOM登録して、Excelを実行してみると



OnActionのコールバックも、シグニチャをあせてpublicで定義しておけば、キチンをコールバックされると言うこともわかりました。

という事で、これをいわゆるCOMってヤツなんだと思うのですが、勉強不足でこれ以上はまだ分かっていません。兎にも角にもExcel側で提供されているGUIDに合わせて型やメソッドを定義してあげれば、実行時にExcelがCOMアドインを読み込む際に、自動で読み込んでくれるということがわかりました。NetOfficeのIRibbonExtensibilityをなぜExcelは知ってるのだろうという、疑問はとりあえず解消です。

今回の仕組みはIDTExtensibility2やICustomTaskPaneConsumerも同じ事が言えそうです。機会があれば調べてみたいと思います。

コードで話を展開されてしまったので、ちょっと絵を交えながら、補足説明をしていきたいと思います。

私の最初の誤解は以下のような感じでした。



Excelとアドインの両方がしっている共通のライブラリーが存在し、そこにIRibbonExtensibilityインターフェイスが定義されている。しかし、これには矛盾があります。それは共通インターフェイスと思われるライブラリーがNetOfficeの中で完結しており、Excelがリリースされたずいぶん後に作成されたライブラリーなのでExcelがそのインターフェイスの存在なんて知るわけもない。

それじゃー。したみたいな感じならどうだろうって思ったんです。



名前空間の扱いってどうなんだろうとか、そもそもExcelは.NET Framework上で動作しているわけでもないので、なんかおかしいって事で、考えは一瞬で否定しました(笑)

で、GUIDに着目した訳です。


Excelインストール時に、登録されたGUIDと型との関連づけがレジストリに登録されており、このGUIDが、アドイン読み込み時に、アドインが知っているインターフェイスの実装を実行するようにExcelが呼び出す事ができる!・・・たぶん。

と、思うのですが、COMテクノロジーに関して不勉強という無勉強なので単なる想像です。もう少し時間が必要です。

--------------------
感想。
よくわからないCOMってやつをしる足がかり的なものを手に入れてちょっと小躍りしたくなるくらい、嬉しいです。こういうのが楽しいので、プログラミングはやめられません。

Source and Project

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    art55 (05/22)
  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    分解大好き (05/18)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/04)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    Gen (02/04)
  • 【キーボード】RealForce が壊れて帰ってきた。
    art55 (04/29)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/23)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    かるあ (02/22)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    art55 (01/16)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    karuakun (01/16)
  • 【NetOffice】【Excel】死なないExcelプロセスをKillする。
    art55 (12/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION)
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION) (JUGEMレビュー »)
Sasha Goldshtein,Dima Zurbalev,Ido Flatow,サシャ・ゴルドシュタイン,ディマ・ズルバレフ,イド・フラトー

recommend

ろんりと集合
ろんりと集合 (JUGEMレビュー »)
中内 伸光
とてもわかりやすいです。

recommend

recommend

シャノン・ノイマン・ディジタル世界
シャノン・ノイマン・ディジタル世界 (JUGEMレビュー »)
市川 忠男
4章がリレーショナルデータベースな内容になってます。ページ数があまりありませんが、ポイントがものすごく的確にまとまっていて、感動します。

recommend

recommend

東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS
東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS (JUGEMレビュー »)

テンキーレス、静音のRealForce91UBK-S。スコスコ感がたまらなく気持ちいいです。家と会社で2台持ってます。

recommend

recommend

プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ)
プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ) (JUGEMレビュー »)
Jeffrey Richter
発売予定美 2013年10月10日。.NET Frameworkとお付き合いする人のバイブルですね。

recommend

recommend

キャット・シッターの君に。
キャット・シッターの君に。 (JUGEMレビュー »)
喜多嶋 隆
私のイラストレータデビュー本です。

recommend

Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質
Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 (JUGEMレビュー »)
ドン・ボックス,クリス・セルズ,Don Box,Chris Sells,吉松 史彰

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM