【NetOffice】方法:起動中の複数のExcelアプリケーションを取得する。

  • 2012.12.04 Tuesday
  • 20:15
JUGEMテーマ:コンピュータ

--------------------------------------
Summary
起動中の複数のExcelアプリケーションを取得する。
Application[] applications = Application.GetActiveInstances();

(追記)動作しない環境があるので検証中・・・。
--------------------------------------

Source and Project
 
NetOfficeを利用すると起動中のExcelオブジェクトを簡単に取得することができます。

サンプルコード。

using System;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121204_001
{
    class Program
    {
        static void Main()
        {
            Application[] applications = Application.GetActiveInstances();
            applications
                .SelectMany(app => app.Workbooks)
                .ToList()
                .ForEach(book => Console.WriteLine(book.Name));
        }
    }
}

■起動中の複数のExcelアプリケーションを取得する。
Application[] applications = Application.GetActiveInstances();

GetActiveInstancesの実装を読むと、COMオブジェクトがどういうものか感じ取れるようです。暇な人は読んでみると面白いと思います。実装を呼んでいくと、NetOffice.RunningObjectTableというクラスに行くつきます。ここの実装を読めば、どのようにCOMオブジェクトがなんかわかりそうです。私はまだ分かりません(笑)

Microsoft.Office.Interop.Excel.Applicationには、このようなメソッドは用意されておらず、NetOffice独自の実装のようです。

■管理者権限のあるなしで動作が異なる。
(この情報は不確かな情報です。まだ、確実に検証していません。)
今回作成したアプリケーションを管理者権限で実行した場合、管理者権限のない状態で実行しているExcelアプリケーションは取得できません。両者を管理者権限で実行するか、両者を管理者権限なしで実行するか、または、UAC(User Account Control)を無効にする 必要があります。

---------
(追記)
どういう訳か動作しなくなりました。
検索対象でないCOMオブジェクを取得した際に、
 Marshal.ReleaseComObject(comInstance);
COMオブジェクトを解放しているのですが、その際に
{System.Runtime.Remoting.Proxies.RemotingProxy}
を解放しようとしているようです。これがSysytm_COMObjectを継承していないのでダメっていってるようですが、どうしてこうなったのか・・・。
プロセスをKillしたから?VSTOから生成したCOMオブジェクトを更にNetOfficeでラップしたりしたから??NetOfficeのバグ??

分かり次第、追記します。

------------
(追記)
NetOffice.RunningObjectTableクラスを読む限り、
Marshal.ReleaseComObject(comInstance);
をする際に、comInstanceがCOMオブジェクトであるかどうかの判定が抜けているように見えます。
Marshal.IsComObject(comInstance)
で判定はできると思いますが、

namespace System.Runtime.InteropServices.ComTypes
{
    ...

    /// <summary>
    /// 指定したオブジェクト名が実行中として登録されている場合は、登録済みのオブジェクトを返します。
    /// </summary>
    ///
    /// <returns>
    /// 操作が成功したかどうかを示す HRESULT 値。
    /// </returns>
    /// <param name="pmkObjectName">ROT で検索するモニカーへの参照。</param><param name="ppunkObject">このメソッドが返されるときに、要求された実行中オブジェクトを格納します。 このパラメーターは初期化せずに渡されます。</param>
    [MethodImpl(MethodImplOptions.PreserveSig)]
    int GetObject(IMoniker pmkObjectName, [MarshalAs(UnmanagedType.Interface)] out object ppunkObject);
}

このインターフェイスで定義されたメソッドのppunkObjectがCOMオブジェクト以外を設定して返してくること自体おかしいような気もするので、もうちょっと原因を追った方が良さそうです。

--------------------------
(追記)
サンプルコードを書いている際は、RunningObjectTableクラスの動きが見たかった為、ソースコードをコピーしてコンソールアプリと同じプロジェクトにおいて試していたのですが、あとかNetOfficeのdllに差し替えて動作させようとしてから動作しなくなってしまったようです。Source and Projectを用意した際にdllを入れ替えたのですが、その後、実行したような気がするので、どうも腑に落ちないのですが・・・・。別のdllにしたことによって何かかわるのかな???ウイルス対策ソフト???

--------------------------
(追記)
自作したdllにRunningObjectTableクラスをおいて実行してみると、きちんと動くことを確認。
配布されているソースコードのプロジェクトを参照して実行すると、同様の現象が出ることを確認。
なんだろう・・・。相互運用型埋め込みが何かわるさしてるのかな・・・・。と、思って、ターゲットを.NetFrameowk3.5のソリューションを作り直して試してみましたが、同じ現象が・・・OS再起動してもおなじ・・・なんだろう。

こけてるCOMオブジェクトが何者か調べた方がよさそうですね・・・。コンポーネントがnullで帰ってくるので何者か判断できなんだけど・・・。

--------------------------
(追記)
モニカを調べてみたところ
Display Nameが
!{CC7C96DF-1942-4D46-9FCD-810EF1C56C2D}
になっているオブジェクトでこけているようです。う〜ん。やっぱりCOMオブジェクト以外も帰ってくる事を考慮してないのがいけないのかな・・・でも、自分で同じコードを書くとなぜか動くという・・・不思議。と、思ったら、今は自作したやつもダメになった・・・・。

--------------------------
(追記)
動作したりしなくなったりする原因がわかりました。単にVisual Studio を管理者で実行したかしないかの問題でした。今回紹介した方法は管理者で実行した場合とそうでない場合で見えるものが異なる用です。そして、管理者権限でないユーザで実行した場合、たまたまSystem.__COMObjectを返さないオブジェクトを引っかけ、それを解放しようとしていることに問題があるようです。ただ、COMオブジェクトを返すことを意図したインターフェイスのような気がするので誰が悪いのか・・・。う〜ん。

Source and Project

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用していませんが、紹介します。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/06/16 5:53 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    art55 (05/22)
  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    分解大好き (05/18)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/04)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    Gen (02/04)
  • 【キーボード】RealForce が壊れて帰ってきた。
    art55 (04/29)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/23)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    かるあ (02/22)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    art55 (01/16)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    karuakun (01/16)
  • 【NetOffice】【Excel】死なないExcelプロセスをKillする。
    art55 (12/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION)
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION) (JUGEMレビュー »)
Sasha Goldshtein,Dima Zurbalev,Ido Flatow,サシャ・ゴルドシュタイン,ディマ・ズルバレフ,イド・フラトー

recommend

ろんりと集合
ろんりと集合 (JUGEMレビュー »)
中内 伸光
とてもわかりやすいです。

recommend

recommend

シャノン・ノイマン・ディジタル世界
シャノン・ノイマン・ディジタル世界 (JUGEMレビュー »)
市川 忠男
4章がリレーショナルデータベースな内容になってます。ページ数があまりありませんが、ポイントがものすごく的確にまとまっていて、感動します。

recommend

recommend

東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS
東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS (JUGEMレビュー »)

テンキーレス、静音のRealForce91UBK-S。スコスコ感がたまらなく気持ちいいです。家と会社で2台持ってます。

recommend

recommend

プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ)
プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ) (JUGEMレビュー »)
Jeffrey Richter
発売予定美 2013年10月10日。.NET Frameworkとお付き合いする人のバイブルですね。

recommend

recommend

キャット・シッターの君に。
キャット・シッターの君に。 (JUGEMレビュー »)
喜多嶋 隆
私のイラストレータデビュー本です。

recommend

Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質
Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 (JUGEMレビュー »)
ドン・ボックス,クリス・セルズ,Don Box,Chris Sells,吉松 史彰

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM