【NetOffice】【WPF】Worksheet.UsedRangeとRange.Value2プロパティ値の出方を確かめる

  • 2012.11.30 Friday
  • 20:10
JUGEMテーマ:コンピュータ



Source and Project
-----------------------------
Summary
Worksheet.UsedRangeは、セルに値があるという判定以外にフォーマットが変更されているとか、セルが結合されているとかでも、使用されていると判定される。

セルが結合している場合、Range.Valueは、結合しているセルの一番上の左に対応するValueに値が設定されている。
-----------------------------
Worksheet.UsedRangeプロパティは、指定されたシートのセルのうち利用されているセル収まる範囲で表現できる長方形のRangeを返します。今回は、そのRangeが返すValue2の値がどうなっているのか調べる為のツールを作成し、Value2の値を検証してみたいと思います。

サンプルコード

<Window x:Class="Art55.NetOfficeDemo20121130_001.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="Auto" />
            <RowDefinition Height="*" />
        </Grid.RowDefinitions>
        <Button Grid.Row="0" Click="OnShow">Show</Button>
        <DataGrid Grid.Row="1"
                  CanUserDeleteRows="False"
                  CanUserReorderColumns="False"
                  CanUserSortColumns="False"
                  CanUserAddRows="False"
                  SelectionMode="Single"
                  SelectionUnit="Cell"
                  DataContext="{Binding .}"
                  ItemsSource="{Binding}"></DataGrid>
    </Grid>
</Window>

using System;
using System.Data;
using System.Linq;
using System.Windows;
using Excel = NetOffice.ExcelApi;
namespace Art55.NetOfficeDemo20121130_001
{
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
            _application = new Excel.Application { Visible = true };
            _application.Workbooks.Add();
        }
        private readonly Excel.Application _application;
        private void OnShow(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            if (_application.IsDisposed)
            {
                return;
            }
            if (_application.Workbooks.Count == 0)
            {
                return;
            }
            var sheet = (Excel.Worksheet)_application.ActiveSheet;
            Excel.Range usedRange = sheet.UsedRange;
            var dataGridSource = new DataTable { CaseSensitive = true };
            usedRange
                .Columns
                .Select(column => column
                    .First()
                    .Address
                    .Split("$1234567890".ToArray(), StringSplitOptions.RemoveEmptyEntries)
                    .First())
                .ToList()
                .ForEach(columnName => dataGridSource.Columns.Add(columnName));
            var items = usedRange
                            .Value2 as object[,] ?? new[,] {{usedRange.Value2}};
            items
                .Cast<object>()
                .ToArrarySeq<object>(items.GetLength(1))
                .ToList()
                .ForEach(rowItems => dataGridSource.Rows.Add(rowItems));
            dataGridSource.AcceptChanges();
            DataContext = dataGridSource;
        }
    }
}

サンプルコードは、WPFで構築したWindowのボタンを押したタイミングで、ExcelシートのつかわれているRangeのValue2をWindowのDataGridの部分に表示するといったシンプルな作りです。

■でこぼこに値がある場合




TOP/DOWN/LEFT/RIGHTともに何か値があるセルが確実に入る範囲のobject[,]が取得できていることがわかります。

■値はないが背景色が設定されている。




F4は値はないが、背景色は規定値以外が設定されているので、使用されているセルと判定されるようです。

■セルの結合をしている場合




注目するべきは2点あります。D4をみると一つはセルの結合がなされた場合、一番上の一番左のセルに対応するValueに値が設定され、それ以外はnullの用です。また、D7を見ると結合したセルは使われていると見なされるようです。

値がある場合のみ使われていると判定したい場合は、何かロジックを組む必要がありそうです。

Source and Project
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    art55 (05/22)
  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    分解大好き (05/18)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/04)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    Gen (02/04)
  • 【キーボード】RealForce が壊れて帰ってきた。
    art55 (04/29)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/23)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    かるあ (02/22)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    art55 (01/16)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    karuakun (01/16)
  • 【NetOffice】【Excel】死なないExcelプロセスをKillする。
    art55 (12/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION)
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION) (JUGEMレビュー »)
Sasha Goldshtein,Dima Zurbalev,Ido Flatow,サシャ・ゴルドシュタイン,ディマ・ズルバレフ,イド・フラトー

recommend

ろんりと集合
ろんりと集合 (JUGEMレビュー »)
中内 伸光
とてもわかりやすいです。

recommend

recommend

シャノン・ノイマン・ディジタル世界
シャノン・ノイマン・ディジタル世界 (JUGEMレビュー »)
市川 忠男
4章がリレーショナルデータベースな内容になってます。ページ数があまりありませんが、ポイントがものすごく的確にまとまっていて、感動します。

recommend

recommend

東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS
東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS (JUGEMレビュー »)

テンキーレス、静音のRealForce91UBK-S。スコスコ感がたまらなく気持ちいいです。家と会社で2台持ってます。

recommend

recommend

プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ)
プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ) (JUGEMレビュー »)
Jeffrey Richter
発売予定美 2013年10月10日。.NET Frameworkとお付き合いする人のバイブルですね。

recommend

recommend

キャット・シッターの君に。
キャット・シッターの君に。 (JUGEMレビュー »)
喜多嶋 隆
私のイラストレータデビュー本です。

recommend

Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質
Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 (JUGEMレビュー »)
ドン・ボックス,クリス・セルズ,Don Box,Chris Sells,吉松 史彰

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM