【NetOffice】方法 : ワークシート内のグループをクリアする

  • 2012.11.13 Tuesday
  • 22:12
JUGEMテーマ:コンピュータ



Source and Project

Microsoft.Office.Interop.Excelでできる事は、NetOfficeでも似たようなコードで実現できるのではないか!?という安易な発想でMSDNに書かれているコードを試してみることにします。

今回は

方法 : ワークシート内のグループをクリアする
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/0b64xxw4(v=vs.80).aspx

先に断らさせていただくと、私はグループの機能をよく理解していません。集計などに利用するピボットテーブルで使うものだと思うのですが、Excelの機能自体よくわかっていないので、MSDNを読んでもちんぷんかんぷんでした。しかもNamedRangeというVSTO固有のオブジェクトが使われているのでどうしたものかと

グループ化と解除のやり方はわかったのでそれだけ紹介します。

using System;
using System.Dynamic;
using System.Linq;
using NetOffice.ExcelApi;

namespace Art55.NetOfficeDemo20121113_002
{
    class Program
    {
        static void Main()
        {
            // 方法 : ワークシート内のグループをクリアする
            // http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/0b64xxw4(v=vs.80).aspx

            var application = new Application {Visible = true};
            var worksheet = application.Workbooks.Add().Worksheets.OfType<Worksheet>().First();

            worksheet.Names.Add("Name1", worksheet.Range("A1:A5")).RefersToRange.Group();
            worksheet.Names.Add("Name2", worksheet.Range("B1:B5")).RefersToRange.Group();
            worksheet.Names.Add("Name3", worksheet.Range("C1:C1")).RefersToRange.Group();

            Console.ReadLine();

            worksheet
                .Names
                .ToList()
                .ForEach(name => name.RefersToRange.Ungroup());

            Console.ReadLine();

            dynamic sheet = new ThisSheet(worksheet);
            sheet.Name4 = worksheet.Range("D1:D5");
            sheet.Name5 = worksheet.Range("E1:E5");
            sheet.Name6 = worksheet.Range("F1:F5");

            sheet.Name4.RefersToRange.Group();
            sheet.Name5.RefersToRange.Group();
            sheet.Name6.RefersToRange.Group();

            Console.ReadLine();
        }
    }

    public class ThisSheet : DynamicObject
    {
        public ThisSheet(Worksheet worksheet)
        {
            _worksheet = worksheet;
        }

        public override bool TryGetMember(GetMemberBinder binder, out object result)
        {
            result = _worksheet.Names.FirstOrDefault(name => name.Name.EndsWith(binder.Name));
            return result != null;
        }

        public override bool TrySetMember(SetMemberBinder binder, object value)
        {
            if (value is Range)
            {
                _worksheet.Names.Add(binder.Name, value);
                return true;
            }
            return false;
        }

        private readonly Worksheet _worksheet;
    }
}

■グループ化する。
Range.Group()を呼び出すだけで実現できます。
worksheet.Names.Add("Name1", worksheet.Range("A1:A5")).RefersToRange.Group();

グループ化するとExeclの上部になにやら出てきます。



これが何に使われるものなのか、調べていません。

■グループを解除する。
Range.Ungroupメソッドを呼び出すと解除できます。
worksheet
                .Names
                .ToList()
                .ForEach(name => name.RefersToRange.Ungroup());

全部解除です。



よくわからないコントロールが消えたことが分かります。

今回はdynamicを利用して、名前にアクセスする方法も考えてみました。

    public class ThisSheet : DynamicObject
    {
        public ThisSheet(Worksheet worksheet)
        {
            _worksheet = worksheet;
        }

        public override bool TryGetMember(GetMemberBinder binder, out object result)
        {
            result = _worksheet.Names.FirstOrDefault(name => name.Name.EndsWith(binder.Name));
            return result != null;
        }

        public override bool TrySetMember(SetMemberBinder binder, object value)
        {
            if (value is Range)
            {
                _worksheet.Names.Add(binder.Name, value);
                return true;
            }
            return false;
        }

        private readonly Worksheet _worksheet;
    }

名前を付けたりするのは簡単になりましたが、VSTOのNamedRangeなるものは、おそらくコンパイル時に直接ExcelのセルにNamedRangeを配置するようなものであるのではないかと思われるので、ちょっと違うのかなって思います。

Source and Project

--------------------------------------
本投稿は、CodePlexで公開されているNetOfficeを利用しています。
NetOffice - MS Office in .NET
http://netoffice.codeplex.com/

NetOffice関連の記事は下記にまとめています。
【NetOffice】【Excel】NetOfficeのまとめ
http://pro.art55.jp/?eid=1304102
--------------------------------------

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    art55 (05/22)
  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    分解大好き (05/18)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/04)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    Gen (02/04)
  • 【キーボード】RealForce が壊れて帰ってきた。
    art55 (04/29)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/23)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    かるあ (02/22)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    art55 (01/16)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    karuakun (01/16)
  • 【NetOffice】【Excel】死なないExcelプロセスをKillする。
    art55 (12/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION)
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION) (JUGEMレビュー »)
Sasha Goldshtein,Dima Zurbalev,Ido Flatow,サシャ・ゴルドシュタイン,ディマ・ズルバレフ,イド・フラトー

recommend

ろんりと集合
ろんりと集合 (JUGEMレビュー »)
中内 伸光
とてもわかりやすいです。

recommend

recommend

シャノン・ノイマン・ディジタル世界
シャノン・ノイマン・ディジタル世界 (JUGEMレビュー »)
市川 忠男
4章がリレーショナルデータベースな内容になってます。ページ数があまりありませんが、ポイントがものすごく的確にまとまっていて、感動します。

recommend

recommend

東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS
東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS (JUGEMレビュー »)

テンキーレス、静音のRealForce91UBK-S。スコスコ感がたまらなく気持ちいいです。家と会社で2台持ってます。

recommend

recommend

プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ)
プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ) (JUGEMレビュー »)
Jeffrey Richter
発売予定美 2013年10月10日。.NET Frameworkとお付き合いする人のバイブルですね。

recommend

recommend

キャット・シッターの君に。
キャット・シッターの君に。 (JUGEMレビュー »)
喜多嶋 隆
私のイラストレータデビュー本です。

recommend

Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質
Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 (JUGEMレビュー »)
ドン・ボックス,クリス・セルズ,Don Box,Chris Sells,吉松 史彰

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM