【C#】F#のSeq.unfold関数をC#で実装してみた。その2

  • 2012.03.04 Sunday
  • 12:45
----------------------------------------------------------------------------
【関連】
【F#】Seq.unfoldは理解するのは難しいが・・・分かると簡単??
http://pro.art55.jp/?eid=1303926
【F#】Seq.unfoldは理解するのは難しいが・・・分かると簡単??その2
http://pro.art55.jp/?eid=1303927
【C#】F#のSeq.unfold関数をC#で実装してみた。
http://pro.art55.jp/?eid=1303928
【C#】F#のSeq.unfold関数をC#で実装してみた。その2
http://pro.art55.jp/?eid=1303929
-----------------------------------------------------------------------------


【C#】F#のSeq.unfold関数をC#で実装してみた。(http://pro.art55.jp/?eid=1303928)でSeq.unfoldライクなメソッドをC#で実装してみた。

最初に作成してみたのがこれ。F#のSeq.unfoldを忠実に再現してみたつもりのメソッド。ただし、呼び出し元からみると使いにくいという印象を受けた。

   public static class EnumerableUtils
    {
        public static IEnumerable<TResult> Unfold<TState, TResult>(TState currentState, Func<TState, Tuple<TResult, TState>> getCurrentResultAndNextState)
        {
            ...
        }
    }

最後に作成したのがこれ、最初に作成したメソッドの第二引数のデリゲートのアウトプット毎にメソッドを分けてみた。

   public static class EnumerableUtils
    {
       public static IEnumerable<TResult> Unfold<TState, TResult>(TState currentState, Func<TState, TResult> getCurrentResult, Func<TState, TState> getNextState, Func<TState, bool> canNext)
        {
            ...
        }
    }


分離した部分だけを取り上げると下記のようになっている。

Func<TState, Tuple<TResult, TState>> getCurrentResultAndNextState
A.シーケンスのカレント要素を生成
B.シーケンスのカレント状態からネクスト状態への遷移
C.シーケンスが継続可能かどうかの判定

Func<TState, TResult> getCurrentResult
A.シーケンスの要素を生成
Func<TState, TState> getNextState
B.シーケンスのカレント状態からネクスト状態への遷移
Func<TState, bool> canNext)
C.シーケンスが継続可能かどうかの判定

分離した方には欠点がある。

それは、それぞれが独立してしまったために、計算途中の状態を相互に知ることができない。
getCurrentResultで求めた結果をcanNextで判定しようとすると、getCurrentResultの計算をもう一度canNextメソッドないで求める必要がでてくる。また、getNextStateの評価が先かcanNextの評価が先なのか、利用側は意識しなければならない。つまり内部の実装を知っておかなければ、シーケンスの終了のタイミングを誤ってしまう可能性がでてくる。

そんなメソッドは使いにくくて仕方がない。

だから、全部いっぺんに評価するメソッドになっているのか・・・

public static IEnumerable<TResult> Unfold<TState, TResult>(TState currentState, Func<TState, Tuple<TResult, TState>> getCurrentResultAndNextState)

なるほどね・・・

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    art55 (05/22)
  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    分解大好き (05/18)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/04)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    Gen (02/04)
  • 【キーボード】RealForce が壊れて帰ってきた。
    art55 (04/29)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/23)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    かるあ (02/22)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    art55 (01/16)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    karuakun (01/16)
  • 【NetOffice】【Excel】死なないExcelプロセスをKillする。
    art55 (12/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION)
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION) (JUGEMレビュー »)
Sasha Goldshtein,Dima Zurbalev,Ido Flatow,サシャ・ゴルドシュタイン,ディマ・ズルバレフ,イド・フラトー

recommend

ろんりと集合
ろんりと集合 (JUGEMレビュー »)
中内 伸光
とてもわかりやすいです。

recommend

recommend

シャノン・ノイマン・ディジタル世界
シャノン・ノイマン・ディジタル世界 (JUGEMレビュー »)
市川 忠男
4章がリレーショナルデータベースな内容になってます。ページ数があまりありませんが、ポイントがものすごく的確にまとまっていて、感動します。

recommend

recommend

東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS
東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS (JUGEMレビュー »)

テンキーレス、静音のRealForce91UBK-S。スコスコ感がたまらなく気持ちいいです。家と会社で2台持ってます。

recommend

recommend

プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ)
プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ) (JUGEMレビュー »)
Jeffrey Richter
発売予定美 2013年10月10日。.NET Frameworkとお付き合いする人のバイブルですね。

recommend

recommend

キャット・シッターの君に。
キャット・シッターの君に。 (JUGEMレビュー »)
喜多嶋 隆
私のイラストレータデビュー本です。

recommend

Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質
Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 (JUGEMレビュー »)
ドン・ボックス,クリス・セルズ,Don Box,Chris Sells,吉松 史彰

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM