【Unity】RegisterType : 宣言から見るメソッドの責務。

  • 2009.02.21 Saturday
  • 11:20
前回(【Unity】RegisterType : 静的な情報を登録する。)は、DIコンテナが管理する「継承関係(is - a)※自分自身もありうる」の管理方法を考察してみました。今回もRegisterTypeメソッドのシグネチャから、前回の裏付けを行いたいと思います。

IUnityContainerインターフェイスにRegisterTypeメソッドが宣言されており、IUnityContainerインターフェイスを継承するクラスがRegisterメソッドを実装していることになります。実際にIUnityContainerインターフェイスからRegisterメソッドを抜き出してみると、さまざまなオーバーロードが存在することがわかります。

public interface IUnityContainer : IDisposable
{
 IUnityContainer RegisterType<T>(params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(string name, params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType<T>(LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType<T>(string name, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType<T>(string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, string name, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, string name, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 
 ...
}

全部で16個のメソッドが存在します。しかし、実際には半分はジェネリックの拡張なので実行時の多様性としては8個のタイプがあるといえます。RegisterTypeにジェネリックの拡張が存在する理由として、コンパイル時の型のチェックが可能になる利便性が挙げられます。

たとえば継承関係にないクラスAとクラスBがあったとします。これに対してRegisterTypeメソッドを実行し、DIコンテナに設定情報として登録しようした場合に

 class Program
 {
  static void Main()
  {
   IUnityContainer container = new UnityContainer();
   container.RegisterType(typeof(A), typeof(B));
  }
 }

 public class A { }
 public class B { }


上記のような非ジェネリックなRegisterTypeを呼び出した際は実行時エラーとなりバグの発見が遅れ、かつ見つけにくバクとなってしまいます。ちなみにこの実行時エラーは下記のメソッドのチェックに引っ掛かりUnityから例外が投げられます。

Type.IsAssignableFrom メソッド
指定した Type のインスタンスを現在の Type のインスタンスに代入できるかどうかを判断します。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.type.isassignablefrom(VS.80).aspx


この非ジェネリックの生産性を下げる部分を補完するためにジェネリックなメソッドが用意されています。

 class Program
 {
  static void Main()
  {
   IUnityContainer container = new UnityContainer();
   container.RegisterType<A, B>();
  }
 }

 public class A { }
 public class B { }


この場合、コードをコンパイルするとコンパイルエラーになるのですぐに間違いに気づくことができます。しかもタイプセーフが実現(Resolveメソッドなどでは顕著です。)できます。ちなみにReSharperというツールを入れると、コンパイル前のコーディング中に間違いを指摘してくれるのでさらに便利です。お試し程度しかコードを書かない人には意味のないツールですが、コードをがりがり書く人にとっては、おそらく誰もが歓迎してくれるツールだとおもいます(推奨メモリが4Gです)

とまあ、Registerメソッドの責務とはあまり関係のない部分にふれてしまいましたが、これからRegisterメソッドの責務の関係のある部分に触れてみます。

このジェネリックのコンパイルエラーを出すための制約部分を見てみます。

IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;

これが無名の登録を行うRegisterメソッドの宣言です。where TTo : TFrom が制約となっています。この制約はType.IsAssignableFrom メソッドとほぼ同等ですので、is - a な関係で表現するとTFrom is a TToと解釈できます。ということで、RegisterTypeがis - aな関係を登録しているということが宣言からも理解できます。今まで全く触れていませんが、InjectionMemberがparamsでとるようになっていますが、これはコンストラクタインジェクション、セッターインジェクション、メソッドインジェクションなどをサポートする仕組みです。

とりあえず上記の説明で

 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, params InjectionMember[] injectionMembers);

は満たしたことになりますが、これの拡張版が

 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);

 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(string name, params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, string name, params InjectionMember[] injectionMembers);

 IUnityContainer RegisterType<TFrom, TTo>(string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers) where TTo : TFrom;
 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);

です。LifetimeManagerを指定したり、名前を指定したりすることが可能なオーバーロードです。

これで半分のメソッドを満たしました。あとはこれとは別なタイプのメソッドです。それはis - a な関係が自分自身の場合です。 Class Aというクラスが存在した場合に A is a Aということになります。なのでTFromとTToの二つのタイプをとる必要がなくタイプの引数はTのみになります。

ということで

 IUnityContainer RegisterType<T>(params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType<T>(LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType<T>(string name, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType<T>(string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);

 IUnityContainer RegisterType(Type t, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, string name, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);
 IUnityContainer RegisterType(Type t, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);

がすべて簡単に説明がつくオーバーロードとなります。たまにオーバーロードのくせに中で行っている事が全く違うへんちくりんな実装があったりすると、(自分が書いてない場合のみ)発狂しそうになりますが(自分が書いたらコッソリ直します)このResigterTypeは素直なオーバーロードで安心です。

おそらくは

 IUnityContainer RegisterType(Type from, Type to, string name, LifetimeManager lifetimeManager, params InjectionMember[] injectionMembers);

上記のメソッドが一個あれば、アプリケーション的には問題ないコードが書けるはずですが、さすがに毎回指定するのは面倒です。

結局ひとつあればよいというところまで分かりましたので、このメソッドを見てみると

静的な情報としてTypeが二つ、その関係の名前、fromがインスタンス化された時のライフライムを管理するためのlifetimeManager、そして、fromをインスタンス化する際に必要なインジェクション情報の配列(injectionMembers)をRegisterメソッドを通じてDIコンテナに登録していることがわかります。

以上
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    art55 (05/22)
  • 【キーボード】6年前のRealForceを復活させることはできる!?その3
    分解大好き (05/18)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/04)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    Gen (02/04)
  • 【キーボード】RealForce が壊れて帰ってきた。
    art55 (04/29)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    art55 (02/23)
  • 【.NET Framework 4.5】 IListがIReadOnlyListを継承してない理由。
    かるあ (02/22)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    art55 (01/16)
  • 【C#】Dictionaryの実装・データ構造・アルゴリズムを観察する。
    karuakun (01/16)
  • 【NetOffice】【Excel】死なないExcelプロセスをKillする。
    art55 (12/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION)
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 (Programmer's SELECTION) (JUGEMレビュー »)
Sasha Goldshtein,Dima Zurbalev,Ido Flatow,サシャ・ゴルドシュタイン,ディマ・ズルバレフ,イド・フラトー

recommend

ろんりと集合
ろんりと集合 (JUGEMレビュー »)
中内 伸光
とてもわかりやすいです。

recommend

recommend

シャノン・ノイマン・ディジタル世界
シャノン・ノイマン・ディジタル世界 (JUGEMレビュー »)
市川 忠男
4章がリレーショナルデータベースな内容になってます。ページ数があまりありませんが、ポイントがものすごく的確にまとまっていて、感動します。

recommend

recommend

東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS
東プレ Realforce91UBK-S 静音キーボード 静電容量無接点方式 変荷重 ブラック NG01BS (JUGEMレビュー »)

テンキーレス、静音のRealForce91UBK-S。スコスコ感がたまらなく気持ちいいです。家と会社で2台持ってます。

recommend

recommend

プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ)
プログラミング.NET Framework 第4版 (プログラミングシリーズ) (JUGEMレビュー »)
Jeffrey Richter
発売予定美 2013年10月10日。.NET Frameworkとお付き合いする人のバイブルですね。

recommend

recommend

キャット・シッターの君に。
キャット・シッターの君に。 (JUGEMレビュー »)
喜多嶋 隆
私のイラストレータデビュー本です。

recommend

Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質
Essential .NET ― 共通言語ランタイムの本質 (JUGEMレビュー »)
ドン・ボックス,クリス・セルズ,Don Box,Chris Sells,吉松 史彰

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM